よもぎ蒸しvs冷え性

トークセン・ビハーラ/ハーブセレクト

よもぎ蒸しvs冷え性

今回はよもぎ蒸しvs冷え性という事でコラムを書きます。よもぎ蒸しは冷え性にいいとよく言われます。というか冷え性には○○がいい、冷え性には××がいいなど、世の中にはたくさんの冷え性対策が。とにかく冷え性は嫌がられております。それは何故か?

トークセン・ビハーラ/よもぎ蒸し風景

冷え性は万病の元と呼ばれています

昔から冷えは万病の元と呼ばれていますよね。便秘や肩こり、不眠、免疫力低下など様々な不快な症状を起こしてきます。特に免疫力低下は様々な病気を呼び込んでしまいますよね・・体温を温かく保ちたい!!冷え性は血流を悪くします。万病の元。また冷え性ということは基礎体温が低いということにもつながります。そうなると生理不順や妊活の妨げになる。

冷え性の原因とはなんでしょうか?

冷え性の原因として次のものが考えられます。自律神経の乱れ、筋力不足、血行不良などです。男性よりも女性が冷え性になりやすいのもなんとなくわかりますよね(ちなみに男性の10パーセントは冷え性とのこと)もちろん食生活も影響与えてます。陰性の食べ物(玄米とか)食べすぎると体を冷やします。葉物野菜は体を冷やしますし、南国フルーツも冷やします。南国で採れるものは南国の人のためのもの。暑い地方の体を冷やすのです。

体温が1度下がると免疫力が30パーセント下がってしまう

手先足先が冷たいとどうなるか?冷やされた血液は心臓まで戻る際に各種臓器を経由します。その時点で臓器が冷える冷える。そりゃ臓器が不安定になりますよね。ちなみに免疫力が30パーセント落ちると代謝は12パーセント落ちるとされています。そして痩せにくくなる!ということになります。逆にいうと・・太るよ!という悪魔の言葉です。免疫が落ちると様々な症状が現れてきます。風邪をひきやすくなる、回復しにくい体に。

よもぎ蒸しは冷え性の決定打!よもぎがハーブの女王と呼ばれる理由を知るがいい!

  • 浄血・増血作用
  • デトックス作用
  • 腸内環境の改善、便秘の解消
  • 美容効果
  • コレステロール値の改善
  • 貧血の予防
  • 胃の健康維持
  • 体を温める効果
  • リラックス・安眠効果

などというスーパーパワーを持っています。特に良いのがクロロフィルの持つ浄血作用です。血液をサラサラにして血液の循環を良くするため血行が良くなります。それが冷え性、貧血の予防、末梢血管の拡張作用、新陳代謝促進などの働きをするとのこと。

コレステロール値を下げる効果もあるとされており、豊富に含まれている鉄分が、葉緑素との相乗効果で造血作用を促進するとのことです。

よもぎは食べて良し、飲んで良し、貼って良し、蒸して良し、そして風呂に入れて良し

お茶パックによもぎ入れてやかんなどで煮出します。できれば少し長めに煮出してからそれをお風呂にドボドボと・・よもぎの香りに包まれてあったかくお風呂にはいます。

よもぎ風呂の効果

  • 血行促進、リラックス

保湿効果、血行促進効果が高くリラックス作用がある。そのため副交感神経を活発化させることで自律神経のバランスを整えてくれます。

  • 美容効果

新陳代謝が高まることにより、肌のくすみや黒ずみの解消を助けます。気になるシミの予防、皮膚トラブルへの効果も期待できるとされています。殺菌・抗菌・消炎作用があるため、ニキビやあせもなどに効果があると言われています。新陳代謝を活発にする作用があり、脂肪の分解や燃焼が促進されることからも、ダイエットに効果がありそうです。

よもぎ蒸しをした後それをお風呂に入れてよもぎ風呂にしても良し!最初からよもぎ風呂も良し!

よもぎの持つスーパーパワーを自分の体に取り込むための手段、それこそがよもぎ蒸しなのです。きっとあなたの悩む冷え性によもぎ蒸しが勝利をもたらせてくれるでしょう。

トークセン・ビハーラ

折田

RECOMMENDED こちらも読まれています

NEW新着ブログ

一覧を見る