ALSと糖尿病の意外な関係性?

トークセン・ビハーラ/ガネーシャ

ALSと糖尿病の意外な関係性?

 

 

ALSは、難治神経変性疾患のひとつである筋萎縮性側索硬化症のことを言います。最近ALS患者さんの国会議員誕生で話題になってますね。最近糖尿病とALSの関係性があると報告が出ました。

 

 

https://research-er.jp/articles/view/81247

 

 

ものすごく難しいので理解が大変なのですが、神経伝達物質、神経、β細胞の関係性が高いとのこと。確かにどちらも神経系のトラブルなんですよね。

 

 

糖尿病になると神経に異常が出る

 

 

私は親戚に糖尿病のものが多く、糖尿病からの腎臓のトラブル(透析など)、網膜神経への異常など目にする機会が多いです。トークセン・ビハーラに来店される方にも何故か糖尿病の方が多く、ご縁があるのだろうと感じています。

 

 

糖尿病の方に共通するお身体の状態は?(私の体験のみ)

 

 

糖尿病は国民病とも呼ばれ、潜在的には1000万を超える人が予備軍ともされています。食べ物を食べるとインスリンが出されますが、暴飲暴食を繰り返すとインスリンが多量に出続け、そのうち体が体制を持ちインスリンに対する感受性が落ちてしまいます。

 

 

一型、二型ありますが、生活習慣病から来るのは二型。一型は先天的なものです。さて、二型の方が多く来られますが共通するのは・・

 

 

手足が冷たい(冷え性)

脈をみると腎経が弱い

水分の代謝が悪い

痛みに鈍感

汗をかくと独特の匂いがする

 

 

・・などでしょうか?トークセンご希望の方が多いのですが、トークセンを受けた後は「おしっこのキレがいい!」「泡が立たない」とご報告いただいたりしています。おそらくなのですが、このような事が起きているのだと思います。

 

 

血流が悪いため全身に血を送りにくいトークセンで全身を叩くため強制的に血を流して血流が改善した?

 

 

血流が改善した結果腎臓への血流が増え、能力が高まった?

 

 

腎臓がよく動いてくれる老廃物をよく濾し取ってくれるようになり、排泄しやすくなった?

 

 

ちなみに糖尿病になって、即透析というわけではございません。きちんとした指導のもと食事制限や運動をしていると大丈夫です。気になる方はきちんと検査をしてみてくださいね。

 

 

神経のトラブルは後を引く

 

 

筋肉や骨のトラブルも多いですが、神経系のトラブルは後を引きます。私の父も脳卒中後に半身麻痺となり、トークセンを定期的に受けて動かしやすくなってるものの完治はしません。

 

 

トークセン=ジャット=クラドゥークは脊椎調整法です。骨を整えて神経伝達をスムースにするのが目的です。トークセン施術には必ず入れておりますのでご希望の方はお聴きくださいね。

 

 

トークセン・ビハーラ

 

折田

 

RECOMMENDED こちらも読まれています

NEW新着ブログ

一覧を見る