【DNM】神経ケア・DNMコンプリーターになりました

DNM JAPANの岩吉先生と折田

【DNM】神経ケア・DNMコンプリーターになりました

今年7月より学び始めた神経ケアの【DNM】のコンプリーターとなれました。物覚えが悪く岩吉先生を手間取らせてしまいました。鹿児島でたくさんの方にDNMを行う事でお返ししていければと思います。

学ぶタイミングもあったと思うのですが、「九州初」及び「鹿児島初」のDNMコンプリーターとなれました。取り敢えずコンプリーターとなれたものの、知識、技術共に絶え間なく蓄積していかねばならないと感じています。慢心せずに学び続けていきます。写真は、DNM JAPANの岩吉先生と私です。

DNM JAPANの岩吉先生と折田

DNM JAPANのコンプリーターの一覧にも載せていただきました。身が引き締まります。諸先輩方を見習って学び続けて行くつもりです。

このブログを読まれている方の中に慢性的な痛みに悩んでいる方はお近くのコンプリーターに連絡してみてはいかがでしょうか?きっとお役に立てると思います。

☆【DNM】とは、最新のペインサイエンスをベースに皮神経にアプローチする徒手療法☆

カナダの理学療法士であるダイアン・ジェイコブス先生が最新の神経理論と疼痛科学をベースに開発した徒手療法がDermo Neuro Modulatingです。皮神経と末梢神経へアプローチするという、今までの常識にはなかった最新の方法です。

痛みが続いてしまう慢性疼痛。痛みが与える社会的影響もあって注目されています。侵害受容性疼痛、神経障害性疼痛、心理社会性疼痛などに分けられますが、そのほとんどに神経が関わっています。

皮神経にアプローチする事により科学的に痛みにアプローチする。「揉む」「解す」などは行わず、神経を解放する神経ケアがメインとなっています。揉みほぐしたりする事による痛気持ちいいなどは感じない為、なにをされてるかわからない人も多いです。

☆痛みに耐える人に痛みのある施術を行うのは心苦しかった☆

「痛みなくして得るものはなし」などという言葉があります。それ自体は否定しませんが、痛みに苦しむ方に更に痛みに耐えてもらわないといけない・・これはとても心苦しかったのです。体が強いのであれば、「ほら、我慢して〜」とか「痛いですよ〜」とか言っても、まあ許されるかも知れません。

しかし、華奢な方や病中病後の方。痛みに極端に弱い方・・施術を行う方も心苦しい。そもそも本当に痛みがないと改善しないのか?と前々から思っていたのです。ちなみにこれは今行っている施術への反対意見とかではないことは記載しておきます。

DNMではカインドネス(優しさ)を重視しています。実際に学ぶと非常に繊細でソフトなタッチで行うのです。鹿児島の地でDNMのカインドネスを広げていけられたらと思います。コンプリーターの先輩方のように努力し続けます。

来月はモニター様や練習台の方を募集の予定です。ブログにて発表予定ですので興味のある方は是非チェックしてくださいね。

タイ古式療法   トークセン・ビハーラ

<予約優先>

営業時間 10時〜21時 (LO20時)日曜日定休日

鴨池電停から歩いて1分ファミマ敷地内

お気軽にお問い合わせください。

(現在はDNM施術は2022年春からのメニュー化を目指して練習台・モニター様を募集しています)

予約優先!ですので、お早めのご予約をお待ちしています。

⭐︎ホームページ https://toksenvihara.com

RECOMMENDED こちらも読まれています

NEW新着ブログ

一覧を見る