【痛みの度合い】痛みのレベルランキングを見てみると・・

【痛みの度合い】痛みのレベルランキングを見てみると・・

痛みとはナンジャラホイ?

国際疼痛学会(IASP)では、痛みとは、「組織の実質的あるいは潜在的な障害に伴う、あるいはそのような障害を表す言葉で表現される不快な感覚あるいは情動体験」と定義されています。

以前にブログで書きましたが、痛みはメインで3つありむます。「侵害受容性疼痛」・「炎症性疼痛」・「神経障害性疼痛」です。肉体的、神経的に何かダメージを受けると痛みが出るわけです。

☆その痛みはどのくらい辛い?☆

痛みの度合いをランキングで出してみると度肝を抜かれてしまいます。男でよかったと思ったりしまして・・下記の画像をどうぞ。

生理痛って何気なく聞くのにぎっくり腰と同レベルです。常にぎっくり腰ってもう地獄ですよね。ぎっくり腰経験者の男性はこれから女性に対して優しく接することになると思います。そして出産、何も言わずに下記の画像を見てください。

・・常に骨折×2または常に四肢切断って・・現代においては高度医療が受けられますが、ひと昔は今と比較にならないほど低いはず。出産は本当に命懸けだったんですよね。この画像見てから私は母に感謝の日々です。妻帯者の方でお子さんのいらっしゃる方は奥様に限りない感謝をお伝えください。

☆痛みは信号☆

痛みとは体に危険のあるという信号です。危険がない刺激は痛いと感じません。痛みとは感情に影響します。不快な痛みは心理的に大きな負担となり、身体を不調へと誘います。なので、痛みを堪えるのは辛く、また、痛みを抑える為に痛みを持って行う方法は正しいようで正しくないのです。一時的に行うならまだしも、常に行うものでは無いのです。

☆レスイズモア〜少ない方がより豊か〜☆

“Less is More”とは20世紀の建築家ミース・ファン・デル・ローエが残した『少ない方が豊かである』ことを意味する名言です。

シンプルさを極限まで追求することで真に美しく、豊かであるデザインや空間が生まれるという哲学が込められているそうです。

私はDNM JAPANの岩吉先生に施術を受けた際にも複雑な手技をされる訳ではなく(もちろん理論としては非常に高度なものであるのですが)シンプルに、スマートに施術していただきました。

あのやり方ならば老若男女問わず施術が可能であると思っています。

タイ古式療法   トークセン・ビハーラ

<予約優先>

営業時間 10時〜21時 (LO20時)日曜日定休日

鴨池電停から歩いて1分ファミマ敷地内

お気軽にお問い合わせください。

(現在はDNM施術は勉強中の為お受けしていません。施術可能になったらお知らせしますね)

予約優先!ですので、お早めのご予約をお待ちしています。

⭐︎ホームページ https://toksenvihara.com

RECOMMENDED こちらも読まれています

NEW新着ブログ

一覧を見る