腸と脳とチネイザン

トークセン・ビハーラ/腸内環境

腸と脳とチネイザン

 

 

体内に存在する微生物の共生。そしてそれらのアンバランスが、胃腸疾患アレルギー自己免疫疾患、さらには肥満を引き起こしているという科学的証拠が次々と出てきていますよね。体の病気だけではなく、不安症、うつ病、強迫性障害、自閉症といった心の病気にも微生物が影響していると研究結果も出されています。過去にもブログで取り上げさせていただきました。

トークセン・ビハーラ/チネイザン

 

アメリカの国立衛生研究所が運営するヒトマイクロバイオーム・プロジェクトや、世界中の研究機関が健康と幸せが微生物次第であることを次々と明らかにしています。腸を微生物の心地よい住処として整えるには、まず体内温度を上げていく(血流を良くする)ことではないでしょうか?精神状態と内臓の状態。それは繋がっている、そのように考えると同じ新しい視野が広がってくる気がしています。チネイザンはそれらにうってつけではないでしょうか?

 

 

現場の「腸」、司令官の「脳」2つのコンビネーション

 

 

腸は巨大な神経システムと広大な表面積を持ち人体の司令官として、体内全体を感じながら働いています。集めた情報は意識的に取り込まれて脳に伝わります。脳は他の臓器から隔離され、保護されています。故に体調を把握するための情報を必要としています。腸は現場にいて、私たちが口にした食べ物のあらゆる物質と触れ合い、ホルモンを血液に取り込み、免疫細胞に伝え、腸内細菌の声に耳を傾けています。そうして集めた情報を脳に教えてあげるのです。腸の健康を守ることは、心と身体の健康にも繋がります。チネイザンで腸に対するアプローチが多いのはよくわかる話です。

 

 

体は巨大な「都市」または「工場」のようなものだから

 

 

内臓に課せられた仕事量が少なければ少ないほどに精力的に仕事をこなすことができるでしょう。余分な有毒物を一度除去すれば、次から体に入ってくる毒素は素早く排泄されるますよね。臓器が自己浄化を試みても、過剰な毒素を排泄しきれない場合は、その毒素を筋肉などの体の中に溜め込んでしまう。その除去には食生活や生活習慣を整えることなどの内側からのアプローチはもちろん、外側からチネイザンなどの手段を用いてアプローチするのが大切であると私は考えています。

 

 

トークセン・チネイザン・おかま直伝よもぎ蒸し

 

 

トークセンで体の中の滞りを除去する・チネイザンで内臓に対するアプローチ・よもぎ蒸しで内臓にエネルギーをもたらす。これらを組み合わせることにより、きっと皆様のお役に立てるとトークセン・ビハーラは考えています。我慢できるから大丈夫、そういう方こそが対象です。その我慢はいつまでできますか?我慢は素晴らしい事ですか?あなたが苦しむことが周りの幸せにつながりますか?私は嫌です。家族には幸せになって欲しいし、辛い思いはして欲しくないです。

 

 

是非自分の中へとフォーカスされてみてください。見えてくるもの、それは見たいもの?見たくないもの?でも、きちんと見ることが大切なのだと私は考えています。お役に立てることを祈っています。

 

 

トークセン・ビハーラ

 

折田

RECOMMENDED こちらも読まれています

NEW新着ブログ

一覧を見る