温活の勧め・低体温になってしまう理由はなにか?

おかま直伝よもぎ蒸し写真

温活の勧め・低体温になってしまう理由はなにか?

 

 

女性の冷え性と言う言葉はよく聞きますが、最近は体温そのものが下がる「低体温」の人が増えているようです。体温が下がると免疫力が落ちて風邪やインフルエンザにかかりやすくなってしまいます。さて一体どのような人が低体温になりやすいのか専門家に話を聞いてみますと以下のようなことがわかります。

 

 

血の巡りの悪さ

 

 

免疫力低下の大きな原因の1つが低体温です。低体温とは体温が36度以下の人のことを指します。冷えから不調を感じている人ほど深刻です。低体温の主な原因は血の巡りの悪さ。運動の習慣がない、エアコン等に取り続けるなどと筋力の低下や自律神経の乱れから血流が悪化してしまうのです。体温が1度上がると免疫力は格段に上がります体温が36.5度あれば免疫力が高い状態を保っているとされております36.5度以上を目指していきましょう。

 

 

体が低体温になっているかどうかをチェックする項目があります以下に書き記しますのでチェックしてみて下さい。

 

体温が36度以下

風邪をひきやすい

手足の指先、お腹や腰周りが冷たい

ぐっすり眠れない

低血圧

トイレが近い

肩こりや頭痛

朝起きたときに顔がむくんでいる

太りやすく痩せやすい

疲れが取れない

 

これらの項目に当てはまる数が多いほど低体温が深刻化していると言われます。低体温を放っておくといろんな変化が出てきますが、風邪やインフルエンザにかかりやすい。肌が老化が進む。更年期障害の症状が悪化する。がん細胞が発生しやすい、などなっております。

 

 

よもぎ蒸し、半身浴、足浴

 

 

ビハーラでも提供されている、よもぎ蒸しをこまめに受ける、お風呂で半身浴などで入る(使用ひとつかみれる)、足浴を行いふくらはぎを中心に温める。お風呂での半身浴や足浴等は比較的低コストで行えますし、自宅でも行えますのでとてもオススメであります。よもぎ蒸しに関しても道具をそこまで高いものを揃えなければ問題はありません。ご自宅でゆっくり楽しまれてみてはいかがでしょうか。

 

 

熱は筋肉で発生しますなので筋肉が多い人ほど熱を発生させるのです。やはり適度な運動と言うのは必要ですよね。特に太もも背中など大きな筋肉を鍛えるのは良いことですなぜならば外の場所を鍛えるだけで大きな筋肉が成長してくれるからです。小さな筋肉を鍛えてもそこまで大きくなりません。狙うならば大きな筋肉を鍛えてみましょう。

 

 

よく筋トレと言うと、女性の皆さんがあんなに筋肉ムキムキになるのは嫌、とか筋肉をつけたくないと言う方がいらっしゃいます。しかし私の友人のボディービルダーに聞くと、素人が簡単に行って筋肉がムキムキにつくならば、ぜひ私に教えて欲しいものだと言っていました。実はそれぐらい筋肉をつけることと言うのは難しいのです私も友人のトレーニングメニューを一緒に行いましたがまさに常軌を逸してました。我々素人にはあのようなことはできません問題ありませんので軽い重量を使って体全身を動かす方法で筋肉をつけていきましょう。

 

 

お水はガイアの水135をお勧めします

 

 

温活に使う際にお水にはぜひこだわってください。市販のペットボトルから飲むのではなく浄水器を取ったお水を使っていただきたいものです。ビハーラではガイアの水135を使ったお水を提供しています。最近貸し出しも始めましたので気になる方はまず貸出機で試してみてはどうでしょうか?かなりお水のおいしさに差が出ますので皆さん気にいってくださるようです。

 

 

温活に使いやすいテクニックも今後はご紹介をしていきたいと思っています。血の巡りを良くし水分の代謝を上げるためにセルフケアでできることをやっていきましょうね。

 

 

 

トークセン・ビハーラ

 

折田

 

 

RECOMMENDED こちらも読まれています

NEW新着ブログ

一覧を見る