【DNM】レッスン2回目

DNMのテキスト

【DNM】レッスン2回目

昨日に続いて2回目のDNMレッスンを受講して来ました。私は物覚えが悪いので1日に2コマとか受けると頭から飛んでしまうので(汗)2日に分けて受講しました。ちなみにこの判断は大正解!1日目は頭がパッカ〜ン!となっていました。これからもこの1日1コマでやる事にします。無理に学んで理解できないとアウトなのですから・・無理はしないスタイルです。

DNMのテキスト

☆DNMは皮神経に対するアプローチ☆

さて、2回目のレッスン内容はスキンストレッチ!です。他のコンプリケーターの方も、DNM JAPAN総帥の岩吉先生もスキンストレッチを多用するし、使いやすいと仰っていました。そういうテクニックが大体は簡単に見えて奥が深い奴だと思うので気合い入れて臨みました。

ちょうど臀部の奥に痛みがあり(昨日の痛みとは違う位置で中殿皮神経〜下殿神経あたり)これは絶好の自己教材!この痛みを取ってもらって帰ろう。

☆皮膚で変わる、皮神経のアプローチ☆

2回目は腰部、臀部へのスキンストレッチをメインに学びました。正直「スキンストレッチで効くのかいな?」と思ってました。それよりはポジショナルリラグゼーションなどの方が効くんじゃないかな?と。きっと俺の痛みは深部なんだ!(と思い込んでいる)何故なら本当に優しいストレッチなんです。練習の際にむしろ力を入れ過ぎないように指導されました。ところがそれで変化しちゃうんですよね・・

座学で先に理論と神経支配などについて学ぶのでそれで良いとは分かっていても、自分が体感しないと納得しないという天邪鬼な私・・というか偏屈者でして(笑)

☆Less is moreの大切さ☆

「少ないのがより良い」というのはDNMを学んだり受けたりした人にはよくわかると思います。私はタイ古式マッサージサロン経営者でもあるのですが、最近この言葉が身に染みるのです。

学べば学ぶほどに引き出しは増えて、やれることは増える。でも、たくさんやればいいのか?となります。来られた方に合わせて適切に行うことが良い。強過ぎず、弱過ぎず、多過ぎず、少な過ぎず。その人に合わせた施術をすればいい。

手数を増やしてばかりではなく、手数はたくさんあれど、取捨選択してシンプルにしていく。これはもしかしたらセラピストとしての大いなる気付きなのかも知れません。今すぐには無理ですが、少ない手数でより効果的に、より負担が少ない(お客さま、セラピストどちらに対しても)方向を模索していく必要がありそうです。

来月は3回目、4回目のレッスンを受けます。それまでに今回の内容を把握し、実技を練習してから臨みたいと思います。岩吉先生ありがとうございました!来月もよろしくお願い致します。

タイ古式療法   トークセン・ビハーラ

<予約優先>

営業時間 10時〜21時 (LO20時)日曜日定休日

鴨池電停から歩いて1分ファミマ敷地内

お気軽にお問い合わせください。

(現在はDNM施術は勉強中の為お受けしていません。施術可能になったらお知らせしますね)

予約優先!ですので、お早めのご予約をお待ちしています。

⭐︎ホームページ https://toksenvihara.com

RECOMMENDED こちらも読まれています

NEW新着ブログ

一覧を見る