トークセン

 
 
トークセン②

日本国内でも有数のトークセンマスター、札幌SALAの櫻井一成氏より伝授していただいたタイの木槌、トークセンを使います。櫻井式トークセンは振動が優しく、体の奥底まで浸透するので店主の折田は5年以上大切に使い続けています。トークセン療法はタイ北部、またその周辺部に伝わる木槌と杭を用いた古代療法です。雷の落ちたタマリンドの木からのみ作られると言われています。

 

人は意識を欠いた所、意識を欠かざるを得ない所(麻痺など)が病みます。トークセン療法は木槌と杭を用いて作り出す衝撃波により深部の神経を刺激しフレッシュな血液を呼び込み、低血流低酸素な部分を本来に戻していきます。流れの早い川にヘドロが溜まらない様に、深く広く大きな循環を作ります。施術効果も大きく、効果持続も長く、様々な苦しみを取り除く事ができます。

 

優しい木槌の振動は体の奥底に浸透し、凝り固まった身体を解し、歪みなどを短時間で整えていきます。トークセンが生み出す音は空間浄化の役割があり、加持祈祷的な側面を持つと古来より信じられています。店主の折田が惚れ込んだ櫻井式トークセンは九州はおろか日本全国でも珍しい施術です。

 

どれをうけようか?どうしたら?そんな時はまずトークセンをお選びください。初めての方は90分コースをお勧めいたします。着衣で行います。お着替えは準備してございますがご自分のものをお持ちいただいてもかまいません。

ソルトポットと呼ばれる素焼きのツボに粗塩を入れ200度近くまで熱します。そのツボを数種類のタイハーブとハマユウの葉っぱの上に置き、耐熱性の布で包んでお腹を中心に温める伝統的な技法です。

 

お腹の芯から温まり、デトックス、脂肪燃焼効果があるとされています。

 

通常のメニューへの追加オプションとして、またチネイザンの中に組み込むやり方としても利用可能です。温める時間が必要なので予めお申し込みくださいませ。主に「温活」「妊活」の方に人気があります。

乾燥させたハーブを球状にまるめて布で包んだものです。ハーブボールを施術中、施術後などに肌や関節に直接あてて使用します。ハーブの効能が温熱効果と相乗して血行や発汗を促し、ハーブの香りで心身がリラックスできます。

 

またハーブボールを産前や産後のマタニティケアに利用すると、温熱効果の高いハーブボールで下腹部を温めハーブの効能を浸透させることによって産前産後の不調を和らげる効果が期待されています。

 

タイでは更年期障害などで辛い思いをする女性が少ないようです。医学的に証明されているわけではないですが、ハーブボールの効果が一因しているかもしれません。

 

多くの女性が悩んでいる症状に効果的なハーブボールは、日本でも広く認知されて、通販などでも販売されています。

 

こちらも通常メニュー後にオプションとして。またチネイザンの施術に組み合わせることも可能です。前もっての準備が入りますので予めお申し込みくださいませ。

オプションは、トークセン、チネイザン、タイ古式マッサージに対応しております。お気軽にお申し付けください。

 

Access

店舗名 トークセン・ビハーラ
住 所 〒890-0063 鹿児島県鹿児島市鴨池2丁目20-5
ファミリーマート鴨池2丁目店様敷地内
営業時間 月~土/12:00~19:00
(最終受付/18:00)
定休日 日曜日
駐車場 有り
形態 予約制

ご予約は便利なWEB予約をご利用ください。

WEB予約はコチラから